イントロダクション
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』 2007年9月1日公開
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 2008年公開予定
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:急』+『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:?』 公開日未定
NewCharactor<新しいキャラクター>、NewMachine<新しいエヴァ>、NewStory<新しい結末>全く新しいエヴァンゲリオンが、我々の目の前に姿を現す。
未曾有のEVA体験、再び。
『新世紀エヴァンゲリオン』(庵野秀明:原作・総監督)は未曾有のSF アニメ超大作。
巨大な人型決戦兵器に乗る少年少女と謎の“使徒”の戦いを通じ、人の心、人と人の関係、
そして人の成り立ちの根幹にまで迫りぬいた、人類史上最大スケールの物語である。
1995年の初出から12年経っても、その人気は衰えを知らない。
驚くべきことに、新たな時代は次々に新しい『エヴァ』ファンを産み出している。
単なるアニメーションの枠を超え、多くの世代に感動をもたらす。それはこのドラマに
「人の心」を貫き、とらえ、つき動かす普遍的なパワーがあるからだ。

新時代の要求に応え、新たな観客のため新たな物語が用意された。

その名も『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全四部作。
画面も物語も完全刷新。デジタル時代にふさわしい最先端映像を得て
超絶なスケールアップをはたし、大スクリーンに挑戦する!
いったいどうなる?驚きと興奮の4部構成。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は、リニューアルでもリメイクでも続編でもない。
このプロジェクトには、回顧の意味はいっさいない。これは新時代を開拓するための、最新作だ!

公開時期は3期に分割。前編にあたる“序”、中編にあたる“破”。そしてラストは後編にあたる
“急”と“?”というタイトルが表すとおり、いまだその結末は決定していない完結編の2部構成になる予定。
”序”は導入として、旧作とほぼ同じシーンからスタートする。

だが、冒頭から「見慣れたはずの画面なのに違う」という驚くべき映像が出現する。
そして、あの「エヴァ」特有の「どこへ連れて行かれるのか、まるでわからない」感覚が復活してくる。
同じはずの物語は変化し、やがては一新される予兆が随所に埋めこまれ、それは“序”のクライマックスでピークに達する!

“破”以後は……新EVAシリーズと新たな使徒が登場する。新キャラクターも、物語に参加し、新展開に絡んでくる。
キャラクターの運命も、旧作とはまるで違う方向に変化し始める。いつどこで誰がバッドエンドを迎えても
おかしくない? 誰も予想のつかない緊張感と興奮が劇場にみなぎっていく。

今もなお『エヴァ』は、未来に向けて進化し続けているのだ!
リメイクを超えたEVA,圧巻のビジュアル!!
序となる『EVA:1.0』のクライマックスは、国家規模のオペレーションを描いた「ヤシマ作戦」。

銀幕を圧倒する物量、使徒対EVAの激戦。投入される先端のデジタル技術。
圧巻の大規模作戦の新作画コンテを担当するのは、映画『ローレライ』、『日本沈没』のヒットも
記憶に新しい樋口真嗣。『EVA:1.0』には単なるリメイクを超えた驚愕の展開が待っている。

新たな伝説が、ここから始まるのだ。もう引き返すことはできない。今秋、衝撃が日本全土を席巻する!
Get ADOBE FLASH PLAYER このサイトをご覧頂くためにはFlash Player 6.0以上が必要です。